Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

こんにちは、初めまして。ヤッシーです。

 

私の自己紹介をさせて頂きます。

 

目次

 

出生

昭和生まれの30代男

地方の田舎

 

小学校

公立小学校

バスケットボール部

 

中学校

 

バスケットボール部と駅伝部を兼任 

高校

地元県立高校

 

バスケットボール部

 

大学

地方国立大学医学部

 

 

初期研修医

 24時間救急病院

 

後期研修医(レジデント)

眼科

 

大学病院で5年間レジデントとして修行の日々を送りました。

レジデントというのは、病院に住むもの、という意味です。

 

眼科というと、身近なところだと、コンタクトや眼鏡のイメージだと思います。

大学病院は主に、網膜剥離や緑内障で失明の危機の患者さんがたくさん来られます。

 

特に1年目は、下っ端として、大量の事務作業、手術助手という、いわゆる雑用係でした。

外来もまだできませんので、雑用しながら、上司に教えを乞うのです。

 

ほぼ毎日、夜中まで、緊急オペで、家には寝るために帰るという生活が続きました。

日曜日も6時間以上、手術助手したのを、覚えています。

時間外は月100時間を軽く超えました。

 

マク〇ナルドで上司から長時間説教を受けたこともあります。

それでも、止めようとは思いませんでした。

 

眼科手術が面白かったのだと思います。

失明寸前の患者さんを、手術して、見えるを守る。

とてもやりがいのある、素晴らしい仕事だと思ってやっていました。

 

絶望と地獄の修行期間を経て、自立していいよと、許可を頂きました。

 

眼科サージャンの道を邁進中

現在は、白内障はもちろん、多疾患の手術を、地域基幹病院で行っています。

 

手術は専用の顕微鏡を使い、最小50μmという小さな組織を剥いだり移植したりする、大変精密な手術です。

 

一条工務店での注文住宅

仕事が精密かつハードなために、快適な家でゆっくりと休みたいという思いから、暑い寒いの感じにくい、空気のきれいな家に住みたいと考えるようなりました。

 

様々な自然災害や、空気温熱環境の観点から、一条工務店グランセゾンで注文住宅を建築することとなりました。

 

新たな生活を夢見ていましたが、一条工務店さんとの建築は大変でした。

↓その模様はこちらです↓

 

yassyie.net

 

↓間取り記事はこちらです↓

yassyie.net

 

↓建築日誌はこちらです↓

yassyie.net

 

今後も、グランセゾンの建築レポートと、日々の徒然日記を書いていきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

応援ポッチと、お願い致します。 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

プロフィール
id:yassyie はてなブログPro
ブログ投稿数
83 記事
ブログ投稿日数
78 日
読者