Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

こんにちは、初めまして。眼科医ヤッシーです。

 

私の自己紹介をさせて頂きます。

 

目次

 

出生

地方の田舎に生まれました。

自然の多い街中で、朝から暗くなるまで遊び回っていました。

 

自然の中で遊び回るのが好きでした。

 

小学校

地元の公立小学校に入り、よく遊びました。

4年生からは、バスケットボール部に入って、昼休憩も、放課後もバスケットボールに明け暮れました。

5年生くらいのときは、よく分からないまま、塾に行き、受験勉強しました。

でもバスケットをしていた時間の方が長かったです。

県ナンバーワンガードなどともてはやされ、調子のっていました。(今思えば人口が少な過ぎるところなので、全国的には、全く話にならないレベルでしたのに)

 

中学校

地元の大学の付属中学校に、合格しました。

完全に親の言いなりです。

 

塾は家の近くの公文へ行き始めました。

 

 部活は、バスケットと駅伝で、毎日ヘトヘトになっていましたが、笑いの多い、楽しい生活でした。

いたずらも良くしました。

掃除時間にキャッチボールをしていて、よく化学の先生に怒られました。

この時代が一番楽しかったですね。 

 

高校

地元の県立高校に入試で入りました。

部活は、またバスケットで、死ぬほど走りました。

同時に、評判のある個人塾に行きました。

 

最近は、中高一貫という学校あるようで、(昔からありますかね)。

受験が少なくて、いいなぁと思います。

 

高校生の間は

バスケットボールでは、飯は食えない。

勉強の方が、将来飯を食える可能性が高い。

そんな心境をさまよっていました。

 

インターハイには行けず、部活は終了。

 

バスケットでは、完全に食ってはいけない。

道を間違えた・・・

そこから、猛勉強を始めました。

 

その頃、エリックシーガル著のドクダーズという小説を読み、感化されて、医者になろうと思っていたのです。

主人公の幼少期から、大人になるまでを描いた、ロングラブストーリーです。

 

中二病を卒業していなかったヤッシーは、ドクターってカッコイイんだなと。

 

昔の本ですが、まだ売ってあります↓

 

 

 

ところが、ここらあたりで、狂いが生じ始めました。

 

・父のパチンコ三昧による多額の借金が判明

・それに嫌気のさした母の不倫

 

家庭内で両親は、仮面夫婦の状態となってしまいました。

 信じていた親に見放されるというのは、思春期の心に大変大きな、決して戻すことのできないクサビを打ち込みます。

 

何とも言えない、寂しさ、です。

 

親からは、お金はないのだから、現役で大学受からなければ、働きなさい。

浪人はさせないと、脅されていました。

 

死ぬほど冷たい家庭から逃げるために、

死ぬほど勉強した結果、遠く離れた地方国立大学医学部へ現役で入れました。

 

大学

奨学金を駆使して、親からも多少援助してもらいなんとか、6年間で卒業できました。

 

初期研修医

小説ドクターズに憧れて、24時間救急を受け入れている病院へ飛び込みました。

夜はほとんど眠れず、新米にはつらい日々でした。

ジャガーが買えるようになるなんてもちろん、あるはずもなく、ただただ消耗していました。

 

色々と考えた結果、手先の器用さを生かせる、方向を模索しました。

 

後期研修医(レジデント)

本当に自分が興味あることは、よく考えた結果、眼科の道を選択することになりました。

 

大学病院で5年間レジデントとして修行の日々を送りました。

レジデントというのは、病院に住むもの、という意味です。

 

眼科というと、身近なところだと、コンタクトや眼鏡のイメージだと思います。

大学病院は主に、網膜剥離や緑内障で失明の危機の患者さんがたくさん来られます。

 

特に1年目は、下っ端として、大量の事務作業、手術助手という、いわゆる雑用係でした。

外来もまだできませんので、雑用しながら、上司に教えを乞うのです。

 

ほぼ毎日、夜中まで、緊急オペで、家には寝るために帰るという生活が続きました。

日曜日も6時間、手術助手したのを、覚えています。

時間外は月100時間を軽く超えました。

 

マク〇ナルドで上司から長時間説教を受けたこともあります。

それでも、止めようとは思いませんでした。

 

眼科手術が面白かったのだと思います。

失明寸前の患者さんを、手術して、見えるを守る。

とてもやりがいのある、素晴らしい仕事だと思ってやっていました。

 

絶望と地獄の修行期間を経て、自立していいよと、許可を頂きました。

 

眼科サージャンの道を邁進中

現在は、白内障はもちろん、多疾患の手術を、地域基幹病院で行っています。

 

手術は専用の顕微鏡を使い、最小50μmという小さな組織を剥いだり移植したりする、大変精密な手術です。

 

様々な自然災害や、空気温熱環境の観点から、一条工務店グランセゾンで注文住宅を建築することとなりました。

 

一条工務店トラブル

新たな生活を夢見ていましたが、着手承諾後に、事件が起こりました。その模様はこちら↓です。

yassyie.net

 

続編もあります↓

yassyie.net

yassyie.net

 

一条工務店との和解

一条工務店が完璧なリカバリーショットを披露し、和解しました。

その模様はこちらです↓

yassyie.net

一条工務店への信頼を取り戻し、また新たな明日に向かって、再出発しました。 

あとは、グランセゾンが完成するのを待つだけとなりました。

 

今後も、グランセゾンの建築レポートと、日々の徒然日記を書いていきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

応援ポッチと、お願い致します。 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

プロフィール
id:yassyie はてなブログPro
ブログ投稿数
81 記事
ブログ投稿日数
76 日
読者