Web Analytics Made Easy - StatCounter

波乱万丈な眼科医ヤッシー、和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことを波乱万丈な日常とともにお届けしていきます。

MENU

一条工務店のグランセゾンに決めた理由

こんにちは\(^o^)/

一条工務店でグランセゾンを建築することに、決めました(≧▽≦)

土地や設計のこと、建築のことなど、参考にしてもらえればと思い綴っていきます。

目次

忘れてはいけない地球温暖化

最近、100年に1度の大雨や、特別警戒警報などを毎年のように耳にしていませんか?
河川が反乱したり、タワーマンションが浸水停電したり、台風で大規模停電が発生したり、もう毎年のように起こっています。
これからは、100年に1度の災害が毎年日本のどこかで起こることのではないかと、私は考えています。何故かというと、地球温暖化がとてつもない速度で進行しているからです。


こちらのホームページに、温室効果ガスがどんどん蓄積されていてることが、紹介されています。
www.jccca.org


そして、温室効果ガスが増え続けると、大型台風、夏の異常高温など、最近世界が経験している異常気象現象が、もはや止められないところまで来ていることが分かります。

www.jccca.org


これからの家に求められる機能

・大地震に備える耐震性
・異常高温に備える高気密高断熱
・台風や地震による大規模停電時に備えた太陽光発電+蓄電池
・冬の寒暖差によるヒートショックを防ぐ
・花粉やPM2.5などの大気汚染に対応できる換気設備
・台風時に窓や家が壊れない強度
・長期的なメンテナンス費用がかからない

以上が、これからの戸建てに必要な安心して住むことができる家の条件だと思います。


グランセゾンに決めた理由

これからの家の機能を満たすハウスメーカーを探したところ、一条工務店に行き着きました。他のメーカーでも、お金をかければできなくもないですが、湯水のようにお金がかかってしまいます。

坪単価100万円を超えるメーカーだと、色々と加えると坪単価150-200万円へ行きそうですし、地元工務店では、アフターメンテナンスや、将来の存続性が心配でした。

一条工務店は、よくよく調べてみると、私が考えていた家の機能を、しっかりと考えてくれているハウスメーカーだということが分かりました。特に、私が良かったと思える点は5点あります。

①ほどよい高気密高断熱

カタログのQ値はグランセゾンは0.98W、i-smartⅡは0.51Wとなっています。

昔のエアコンはQ値10Wくらいの基準で作られているらしいですが、10畳用のエアコンが、Q値1の家で100畳にも対応できるというわけにはいきません。
断熱性が向上し、エアコンの冷風も保持されますが、窓からの日射熱・人の発熱・家電の熱など、冷暖ともに全てのエネルギーが、家の中に保存されます。ですので、夏の日差しで家の中が暑くなりやすいそうで、いくら高気密高断熱の一条工務店の家とはいえ、エアコン6畳用で全館冷房するなどは、難しいのです。窓を大きくすれば、なおさらですね。
高気密高断熱の家では、適切な畳数のエアコン配置が、重要です。

スウェーデンハウス(カタログQ値1.14)の友人が、冬は半袖でもいいと言っていました。
一条工務店ではさらに、全館床暖房がありますので、暖かそうですね。

Q値が低いに越したことはないですが、Q値が1程度であれば、そこそこ暖かく、夏涼しいのではと考えました。
グランセゾンの断熱性は、iシリーズほどではないですが、デザイン性が高くなっています。

C値については、0.5-0.6とブログでグランセゾンの測定結果が報告されており、充分に思います。

停電の時も、蓄電池でエアコンを回すので、高気密高断熱だと、魔法瓶のように熱エネルギーを保存してくれるため、電気のロスが少なくなります。
夏はエアコン、冬は全館床暖房で、快適な住まいを電気代を抑えて実現することが可能となります。

②デザイン性

f:id:yassyie:20201011100016j:plain
※一条工務店HPより引用

このグランセゾンの外装は、ヘーベルハウスにも似ていてかっこいいのですが、パラペット屋根の耐久性が心配です10-15年で防水工事が必要になりますので、我が家は瓦屋根で設計することにしました。

内装の和モダンな感じはとても気に入りました。
iシリーズのようなthe一条工務店とすぐ分かるような家にはならず、総2階でなくてもよいので、様々なデザインの可能性があると思います。
一条工務店をデザインで敬遠される方も、多いとは思いますが、グランセゾンが出てきて、デザイン性も高まりました。
ただ、キッチンのデザインが妻に不評で、他メーカーのキッチンを注文することになりました。そこらへんの詳しい経緯や予算は、また書いていきます。

③ロスガード うるケア

ロスガードは、外気を屋内に取り入れる換気設備ですが、高性能なフィルターがついており、花粉などを除去して、きれいな空気を屋内に供給してくれます。家に空気清浄機が不要となるのです。
さらに、熱交換という機能があり、屋内の空気の温度を90%保って、換気をしてくれるという優れものです。夏の以上高温や冬の低音時に、とても活躍してくれるのです。

冬場の床暖房による乾燥がひどいと、よくブログで紹介されていますが、ロスガードに自動給水の加湿機能が付いたため、自前の加湿器を減らせる可能性があります。うるケアだけで、冬の乾燥がどこまで快適になるか、今から楽しみです。

高性能吸気フィルターは花粉を除去してくれるので、花粉症や、喘息持ちにはとてもありがたいと思いました。住んだ人の感想には、喘息が良くなったという方もいて、とても期待しています。

④太陽光発電+蓄電池

私が契約した2020年2月は、太陽光パネル+蓄電池のキャンペーンをしており、蓄電池(1つ50-60万円程度)が無料で付いてきました。5.5kWまで使える蓄電池なので、停電時でも安心して生活できます。
停電時にはなんと、家のコンセントも全て使えるため、エアコン、エコキュート、冷蔵庫を動かすことができるのです。

⑤標準のトリプルガラス

正確には4枚ガラスです。
1枚強化ガラスが追加されており、台風の風による飛散物や強盗の窓からの侵入に対して強く、家を守ってくれます。
最大耐風圧は、90m/sという驚異的な数値です。

⑥標準の全館床暖房

風呂はもちろん、トイレまで床暖房入ります。エアコンのヒートポンプで温めた温水を家中に流すので、ランニングコストも低いです。

⑦ハイドロテクトの外壁

TOTOの光触媒技術「ハイドロテクト」を活用した、高性能タイルです。太陽の光で汚れを分解し、雨で洗い流すセルフクリーニング効果を発揮します。グランセゾンでは、標準装備です。メンテナンスは30年不要という、長期的なコスト抑制に貢献してくれます。アイスマートではオプションとなっているようです。

あとは、グランセゾンは軸組工法なので、ないとは祈りたいですが、一条工務店が潰れてしまった時、リフォームを他社に頼みやすいという利点があります。ismartは複雑な工法になっています。

一条工務店は、デザイン的に画一的で、一条工務店というのがすぐわかってしまうという、難点があります。今回の設計では、一条工務店には見えないように、デザイン性も高めた設計にチャレンジしています。そもそも、グランセゾンはデザイン性は高いのすがね。

以上のような理由からグランセゾンを建てることに決めました。一条工務店の家は、これからの異常気象や地震の対策がしっかりなされており、文字通り安心を買うことができるのではないでしょうか。