Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

大災害(台風、洪水、津波、地震)に強い土地の探し方

こんにちは。ヤッシーです。

家を建てる前には、まず土地を探す必要があります。

最低限、どんな土地なら買ってもよいか、知りたい方向けの記事となっています。

駅近、バス停近く、ブランド地区、お店の近くがいいなど、様々な希望があると思います。

しかし、どんな土地でも、最低限満たさなければならない、条件があります。

それは、住んでいて生き延びることができる土地です。

大げさかもしれませんが、自然災害の多い日本では、土砂災害や、洪水にのまれない立地でなくては、安心して暮らしていけないと思います。さらに地球温暖化による影響も考慮する必要があります。

今回は、最低限どのような土地を選んだらいいかというお話です。

目次

地球温暖化

最近の地球温暖化による異常気象により、今後ますます、豪雨、洪水、超大型台風、夏の以上高温が頻繁に起こることが予想されます。100年に1度の災害が、毎年起こるような異常気象がすぐそばまで、迫っているのです。

本当に地球温暖化が進行しているの?と疑問に思われる方は、よい映画がありますので、是非とも参考にしてみて下さい。

地球にかつてないほどのスピードで二酸化炭素などの温室効果ガスが蓄積し、どんどん地球に熱がこもりやすくなっています。
気温が上がれば、海水温が上昇し、水蒸気が増え、雨雲も発達します。
大雨は、ますます激しくなり、台風は大型化していく傾向があります。

誰も予想できない異常な方向に地球は、向かっています。
もしかしたら、もう加速を止められない時点にきているかもしれません。
欧州では、ガソリン車の廃止が決まるなど、世界が脱炭素の方向に動いているのは、地球温暖化を少しでも阻止するためです。

新しい土地の条件

新たに家を建てる土地については、最低限3つの条件を満たす必要があると考えています。

①地震の時、津波が来ない

津波浸水想定図(平成27年3月作成)藤沢市
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bousai/bosai/bosai/hazardmap/tsunami/h2703tsunamisinsuisoutei.html
こちらは藤沢市の津波浸水想定図で調べました。
津波のリスク低い土地と確認しました。




②河川反乱時に、洪水が来ない

洪水浸水想定区域図(想定最大規模)|藤沢市
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bousai/bosai/souteisaidai.html
こちらから、洪水が来るリスクの低い土地と確認しました。

ところがその後、洪水マップが見直されて、我が家は浸水ぎりぎりの地点となってしまいました(泣)

最新のハザードマップを確認する必要があります。


③土砂災害に巻き込まれない

土砂災害・洪水ハザードマップ(平成25年度作成)|藤沢市
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bousai/bosai/bosai/hazardmap/dosha/h25hazardmap.html
こちらから、土砂災害リスクの低い土地と確認しました。




④海からある程度高い

こちらのサイトで、住所の標高を調べることができます。同時に近くの川からの高さも調べました。
【みんなの知識 ちょっと便利帳】地図クリックで緯度経度/住所/標高を調べる -
https://www.benricho.org/map_elevation_oneclick/




⑤地震で揺れにくい、液状化しにくい

こちらのサイトで、調べました。
揺れやすさ・液状化危険度マップ(平成22年度作成)|藤沢市
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bousai/bosai/bosai/hazardmap/jishin/h22ekijokamap.html





これらは、命に関わりますので、最低限満たした土地を探しましょう。
土地の値段に、あまり反映されないことなので、自分で調べるしかありません。

市町村でハザードマップが公開されておりますので、必ず調べましょう。


我が家の土地は、液状化のリスクやや高いでしたので、地盤補強のソイル工事が必要となり、補強に100万円以上かかることになりました。
瓦屋根にしたので、家が重くなることも要因かもしれません。
地震の時に、家が傾かないことを祈るばかりです。

f:id:yassyie:20201011093541j:plain





我が家の土地データ

私の購入した土地のデータは、以下のようなものです。

・標高:25m
・1番近い川からの高さ:10m
・土砂災害警戒区域外
・浸水区域外
・液状化のリスク:中等度→ソイルセメントという地盤改良工事が必要となりました。
・揺れやすさ:6弱と揺れにくい(1923年の関東大震災マグニチュード7.9が再来したと仮定した予想です)

f:id:yassyie:20201011093604j:plain



液状化は、地盤補強工事でなんとかなりましたので、命にかかわる条件はクリアすることができています。

浸水だけが心配なので、浸水に備えて、火災保険の浸水特約に入っておきました。
通常の火災保険では、「床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水」までいかないと、外の室外機や蓄電池などは保証されません。

そのような場合に備えて、「特定設備水災補償特約」という、特約があり、エアコン、床暖房や外の電気設備が壊れた際に補償されるというものがあり、おすすめです。

気に入った土地が、以上のような条件を満たしているか、チェックをしてみることをおすすめします。