Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

和モダンなグランセゾンの立面図

それでは、早速、我が家の現在のデザインを紹介したいと思います!
まだ、最終決定していませんので、今後、少し変更されてくると思いますので、随時アップデートしていきます。

目次

正面立面図

正面です。
玄関扉には、引き戸のものを選択しています。
東側になりますので、冬の採光はあまり期待できず、熱の損失を防ぎたいため、窓は極力小さくしています。


一条工務店と契約すると設計用のタブレット(i-tab)がもらえます。
タブレット画面を写メして載せていますので、少々画像が荒いことご了承下さい。

f:id:yassyie:20201018131313j:plain

デザインルーバーを設置しています。

デザインルーバーは幅が決まっていますが、標準で選べます。幅3間分まで標準です。

3色から選択できます。我が家はメープルです。


f:id:yassyie:20201018132043j:plain
※i-tabより引用

f:id:yassyie:20201018132003j:plain
※i-tabより引用


軒下は、木目調デザインサイディングを標準で選べます。3色から選べます。
我が家は、イエローブラウンです。
f:id:yassyie:20201018132420j:plain
※i-tabより引用

f:id:yassyie:20201018132427j:plain
※i-tabより引用

南立面図

冬の採光を考えて窓は大きめにとっています。

f:id:yassyie:20201018131346j:plain
夏の日差しで、室温が上昇してしまうことが、高気密高断熱住宅では大きな問題となります。
南の窓が大きいため、窓の外壁側へ、すだれフックを取り付けてもらう予定です。
すだれフックは、iシリーズのものを転用できます。
暑い夏には、窓にすだれをかけて、日射遮蔽をします。
エアコンの冷気を室内に閉じ込め、太陽光の影響を少なくすることが、高気密高断熱の家では、夏の住まい方として重要と考えます。
高気密高断熱の家の先進国、ドイツのパッシブハウスでも、夏の日射遮蔽の対策が重要と言われています。

西立面図

西日を遮るように、窓はなるべく小さめにしたかったのですが、法規上の採光基準を満たすため、1階の窓が大きくなっています。
ここにも、すだれフックを取り付ける予定です。

f:id:yassyie:20201018131409j:plain

北立面図

極力窓を小さく配置しています。

f:id:yassyie:20201018131427j:plain

土地に高低差があるため、深基礎となっています。さらに液状化対策のためソイルセメントの地盤強化工事のため約200万円が計上されています。
また、準防火地域のため、窓は準防火仕様となり、約100万円のオプション追加となっています。
予算については、固まってきたら、紹介していきたいと思います。


なかなか和モダンに近づいたと思います。
いかにも一条工務店という雰囲気ではなく、どこのメーカーか一見すると分からないデザインに仕上がりました。

坪数について

約67坪の土地に、42坪程度の床面積の建物となっています。

総2階ではなく、2階は一部だけです。
グランセゾンは総二階にしなくてもよいところが、良いです。

2階には、子供部屋と、リビングの吹抜けを主に配置しています。

屋根材は和瓦を選択し、長期的なメンテナンスフリーを期待しています。

玄関の扉は、引き戸で和風テイストのものを選んでいます。

外壁は、標準のハイドロテクトタイルのブラックです。
グランセゾンではハイドロテクトタイルは標準ですが、アイスマートではオプションとなっています。

コロナの蔓延で、デザインする海外の工場が遅延してしまい、ここに辿り着くまでに、5ヶ月を要しました。

一条工務店では、設計士さんが、デザインをして、それを海外のデザイン部署に送ったり、本部の承認を取ったりと、設計があがってくるまでに、2-3週間時間がかかります。

なんとか、最終決定まで、こぎつけたいものです。