Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

土間の床暖房の見積もり

こんにちは、ヤッシーです。

 

打合わせの時は、土間の床暖房はできないと、断られました。

 

着手承諾後に、やっぱり、できることが判明して、慌てて、見積もりを本社に出してもらっていましたが、ようやくその見積もりが届きました。

 

↓その模様は、こちらです↓ 

yassyie.net

新営業担当さんが、届けてくれましたので、今後の一条施主さんの参考になればと、ご紹介致します。

 

目次

 

間取り

 玄関とシューズクロークに土間が連なっており、やや広めのスペースとなっています。

 

土間が広いので、床暖房を導入しようと、打ち合わせ中に建築士さんにお伝えしましたが、「寒冷地仕様のためできない、必要ない」との回答でした。

 

確かに寒冷地ではないので、必要になる方は、ほとんどいらっしゃらないのだと思います。

 

↓玄関土間の間取り紹介は、こちらの記事です↓

yassyie.net

追加・変更工事請負契約書


f:id:yassyie:20210212205401j:image

今回の追加見積りです。

 

オリジナル温水式全館床暖房システム特別工事

特別施工費 *玄関土間 床暖房敷設工事2ヶ所 100,000円

消費税込み 110,000円

 

 

変更契約には、手数料がかかるのが通例です。

 

しかし、今回の土間床暖房は、打合わせ中にできないと言われてしまったのを、着手承諾後にできることが判明した経緯があります。

 

そのため、着手承諾後ですが、手数料なしで、変更できるように一条工務店さんが配慮してくれました。

 

色々ありましたが、一条工務店さんを信頼して任せるしかない部分もありますが、施主の方からも、確認作業をしすぎるくらいに確認するのが、いいと思います。

 

一連のゴタゴタが収まり、一安心です。

 

良かったです。

 

あとは、着手承諾後に一条工務店さんに限らず、追加の費用を計上してくるメーカーさんの話がSNSでも散見されました。

 

最終変更契約時点では、施主側は引けなくなっていますので、飲み込まざるえないことが多いようです。

 

着手承諾のような最終契約時に、

 

「現仕様書による価格を最終決定価格とし、着手承諾後の予算増額を認めない。例外として、着工までの期間延長や、埋蔵物・土地形状にかかわるものなど、別の工事が発生して見積りが発生する場合は、双方の協議で決定する」

 

という、施主側の契約書を用意しておくと安心かと思います。

 

これから注文住宅を契約される方は、ぜひ、夢に向かって、慎重にすすめて頂きたいと思います。

 

 

↓他の方の一条ブログはこちらからどうぞ↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店
にほんブログ村