Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

レーシックとICL:メリットとデメリット

こんにちは、ヤッシーです。

 

今日は、一条工務店と全然関係なく、皆さんご存知のレーシックとICL(フェイキックIOL)について、呟きます。

 

どちらも、近視を矯正する手術で、現在主流の手術です。

 

もちろん、安全性が確立された手術手技です。

 

眼科サージャンによる主観的な意見ですので、ご参考までに。

 

 

目次

 

 

レーシック

フェムトセカンドレーザーなど使用する機器は進歩していますが、つまるところ、角膜を削ります。

角膜の厚みは500-550μmと個人差はあり、削れる厚さが決まっていますので、近視が軽い人に適応があります。

 

メリット

・最大で約20年間、裸眼視力がとても良くなります。

・価格はICLと比べて、比較的安いです。

 

デメリット

・角膜を削るので、過矯正の時に、なかなか元に戻すのは困難です。

 

・角膜が薄くなると、眼圧の測定値が低く出てしまうので、緑内障が見逃されたり、緑内障治療が弱くなるリスクがあります。

 

・近視が戻ることがあります。眼軸長(目の長さ)が延長したり、角膜の傷の瘢痕によるものなど原因は複数あるようです。

 

・角膜の知覚神経が切れるため、乾いたことを認知できずに、術後ドライアイが出ることが多いです。

 

・白内障手術をするときに、眼内レンズ度数の計算がずれやすくなります。

ただでさえ、強度近視の眼では、眼内レンズの度数がずれることがありますが、レーシックで角膜が削られていると60%程度しか、術後の見え方を合わせることができません。

 

白内障術後は眼鏡が必要になる可能性が高いというわけです。

 

白内障が出てくると、色々と苦労する可能性があります。将来的には、100%合わせられる機械が出てくるかもしれませんが、今のところは、残念ながらありません。

 

・将来、硝子体手術を受ける時

角膜が削られていることにより、網膜剥離などに対する硝子体手術時に、収差により眼底が見えにくくなり、合併症リスクが増える可能性があります。

 

ICL

ICLは、正式には、Implantable Collamer Lensの略で、眼内コンタクトレンズの略ではありません。phakic IOLとも言われます。

 

日本では、虹彩と水晶体の間に、眼内レンズを固定する近視矯正手術です。

海外では下図のように、色々なICLがありますが日本では赤枠に囲んだようなレンズだけです。

f:id:yassyie:20210216161508p:plain

引用:Phakic intraocular lenses: An overview.Indian journal of ophthalmology 2020Dec01 Vol. 68 issue(12)

メリット

・6~8D以上の強い近視でも、矯正可能です。

・取り出すことが可能です。

熟練のサージャンであれば、簡単な手術です。取り出すには、ある程度の経験が必要です。

 

デメリット

・白内障が進行しやすいことがあります。

 

・角膜内皮細胞が減ります。角膜内皮は再生しません。

 

角膜内皮が減ると角膜が浮腫(水疱性角膜症)を発症するため、生涯に受けられる内眼手術には制限があります。

 

近年では、角膜内皮移植術により回復できるようになりましたが、術者は日本でも非常に少ないです。

 

生涯にICLと白内障手術だけを受けるのであれば、問題ないレベルの内皮減少率と思いますが、強度近視では、緑内障や網膜剥離の発症率が高いため、安心できないのが現状だと思います。

 

近視矯正手術の限界

術後に近視が戻ることがあります。

 

成人以降も近視が進むのは、眼軸が長くなるからと、言われています。眼軸を止める治療方法は確立されていません。

 

また、水晶体の老化は20代から進行しており、水晶体核の硬化は、近視戻りの原因となります。

 

ICLでは、近視が進行しにくいという報告もありますが、レーシックでは、よく近視が戻ることを見聞きします。

 

 また、30代後半から老眼が出てきますので、裸眼視力を1.2保てなくなることも多いです。

 

近視矯正手術の効果が持続するのは、20歳から30代後半までと言っていいでしょう。

 

その間、眼鏡やコンタクトは不要ですが、必ず定期的な眼科検診は必要です。

 

白内障が出てくれば、ICLは抜去してIOLを入れる作業による角膜内皮減少リスク、レーシックでは、IOLの術後屈折誤差について、承諾して手術を受ける必要が出てくるでしょう。

 

費用対効果と、長期的な手術合併症を許容できるのであれば、近視矯正手術はQOL向上に役立つと思われます。

 

ICLについての参考文献を載せておきます。フリーアクセスできます。

www.ijo.in

 

子供の近視抑制治療に期待

アジアを筆頭に、世界的に近視の子供が増加しています。

 

勉強やスマホ、ゲームなどの近見作業の増加が、近視になりやすいと言われています。

 

外で1時間は光を浴びて遊ぶことが、推奨されています。

 

子供の近視抑制治療は、低濃度アトロピン点眼(商品名:マイオピン)や、オルソケラトロジー、多焦点眼鏡などがあります。

 

中でも、低濃度アトロピン点眼は、夜一回の点眼を続けると、眼軸長抑制による近視抑制効果が証明されつつあります。

ただ、途中でやめると、進行するので、ずっと点眼が必要です。

現在は自費なのが、痛いところです。

 

 

 

ちなみに、私は、眼鏡派です。

 

コンタクトレンズは、長期的に角膜内皮細胞が減りますし、オペ中に目を開き続けると乾いて曇ってダメなのです。

 

近視矯正手術にご興味ある方の、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

↓他の方の一条ブログはこちらからどうぞ↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店
にほんブログ村