Web Analytics Made Easy - StatCounter

和モダン住宅を一条工務店グランセゾンで建てる

一条工務店でデザイン性の高いグランセゾンを建てることに決めました。一条で高気密高断熱でありながら、和モダンなデザイン性の高い家づくりを目指します。設計、建築、居住後のことをお届けしていきます。

MENU

グランセゾン寝室が暖かくなる:差圧感応式給気口の取付け完了

こんにちは、ヤッシーです。

 

寝室が夜間寒く、グランセゾンはこんなものかと、肩を落としていました。

 

問題点を1つ1つ補修してもらったところ、だいぶ快適性が向上しました。

 

目次

 

差圧感応式給気口がない影響

差圧感応式給気口とは、換気扇が回った時に、屋内の空気が外に出て、屋内が陰圧となった時に、外からの空気を取り入れる換気口です。

f:id:yassyie:20211229091403p:plain

圧がかかると風量が増えます


我が家はC値0.5でしたので、はがき0.5枚分の隙間しか空いておらず、内と外が交通しているところは本当にわずかです。

 

高気密の家のでは、換気扇が回り、屋内が陰圧となると、通常は差圧感応式給気口から外気が流入します。

 

ところが、我が家では差圧感応式給気口がついておらず、大きな引き違い窓の隙間から空気がどんどん流入していました。

 

我が家は窓を極力小さく設置しましたが、採光の基準を満たすために寝室とリビングには大きな引き違い窓がついていました。

 

外気が流入して、床暖房を40度に設定しても寝室が温まらなかったのです。

 

また不運が重なり、三連窓の真ん中の樹脂製の気密性にかかわる部材が外れてしまっていました。

 

段ボール窓

寒波が襲来し、さすがにもう寝られないということで、苦肉の策として、段ボールを窓につめて、ハニカムシェードを下げてみました。

冷気は少し減りましたが、焼け石に水でした。


f:id:yassyie:20211229141409j:image

さすがに、トリプルサッシなのに、一体何をしているんだろうと、悲しくなりました。

 

 

補修工事

一条工務店の担当者の方が数名来られて、補修工事+総点検をしてもらいました。

差圧感応式給気口は、一瞬で取付けされました。

f:id:yassyie:20211227083842j:plain

給気口設置前

 

f:id:yassyie:20211229145529j:plain

給気口設置後

これを点検スルーされたのは、???マーク点灯です。

色々あったので担当者の方は、やる気がなくなってしまったのでしょうか…

 

さらに、トリプルサッシの気密性に重要な部品がしっかりとはまっておらず、ビスで固定して頂きました。

 

寝室が暖かくなる

トリプルサッシからの冷気が格段に減り、というか全く感じなくなりました。

換気扇を回しても寝室に外気が入らなくなりました。

夏も寝室が少し暑かったのは、これのせいだったのかと、納得です。

 

↓外気0度での設定です。
f:id:yassyie:20211229145846j:image

リビング(吹抜け、リビング階段)も寝室も、ムラなく全体的に暖かくなりました。

 

これから寝室の温度や、リビングも少しずつ温度を下げて、ぎりぎりの温度を探ってみたいです。

 

玄関土間の床暖房も設置しており、リビングよりは少し涼しい感じはしますが、玄関も十分暖かいです。

一条工務店は、床面積が広い部屋ほど暖かい印象です。

 

いくらトリプルガラスと言えども、周りの樹脂部品もしっかりしていないと性能が発揮できないようですね。

 

断熱性だけではなく、気密性も高くないと、家は温まらないというのがよく実感できました。

今後、経年変化で隙間風が増えた場合には、まずは樹脂部品を疑うことにします。勉強になりました。


総点検

総点検の結果、

・床下水漏れなど異常なし

・天井水漏れなど異常なし

大きな問題は見つかりませんでした。

 

ただ、

 

コンセントの取付け忘れが見つかり、コンセントを取り付けてもらえることとなりました。

施主の皆様、ぜひ電気図を見て、施主点検してみてください。

何か取付け忘れがあるかもしれませんよ。

 

なにはともあれ、ようやく安心して、暮らせそうです。

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。

 

↓前回の寝室が寒い件です↓

yassyie.net

 

 

 

↓他の方の一条ブログはこちらからどうぞ↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店
にほんブログ村